フルオーダー法被

フルオーダー法被

弊社の強み

  • 激安
    メーカー直取引だから安価にてご提供できます
  • 高品質
    専門スタッフがサポートするので納得の仕上がりで納品
  • 短納期
    メーカーとの確かな信頼があるため困難な納期も対応可能

はっぴ・はんてんの製作方法から選ぶ

フルオーダー法被

フルオーダーでのオリジナル法被・半纏の激安制作を、ご検討中のお客様は、こちらよりお進み下さい。 はっぴ・はんてんの衿や、本体カラーから、生地選び、名入れの書体、そして絵柄までも思いのままにこだわる事な、まさにフルオーダー作成をお楽しみ頂けます。

セミオーダー法被

セミオーダーはんてんは、当社が既製品として格安販売しておりますはっぴ素材に、名入れ印刷のみを行って、製作された、手軽なオリジナル作成が魅力の仕様です。 イベントやお祭りなど、特注半被の2大、人気用途に最適な市松柄や無地の半纏をご用意しております。

既製品法被

既製品の激安はんてんはこちらより、お求め頂けます。時間短縮とコスト削減が行える、既製品はっぴは、ユニフォームが急に必要になった、イベントやキャンペーンなどを行う際、最適な逸品だと言えます。 当社では豊富サイズと色、柄をご用意しております。

特注はっぴオリジナル印刷方法

本染め

綿素材でのフルオーダはっぴの製作の際に、一番用いられるプリント方法になります。反応染めなどとも呼ばれ素材自体が変色するために堅牢度が高いので洗濯などにも強い手法です。何度も長期的に使用するお祭りなどの半纏を作成する際に、多い印刷方法です。

インクジェット

インクジェットは、版を製作する行程がないため、色数が豊富なデザインやフルカラー印刷、グラデーションの表現が再現出来るので、特に、豪華さや賑やかさを大切にする、よさこい法被や、販促PR用半纏のオリジナル作成に向いている製法となります。

シルクスクリーン印刷

1色につき、専用の版を1つ作成するプリント方法で、既製品のはんてんの襟や背中に、名入れ印刷を施す際、活用される方法になります。 大量枚数のオーダーになるほど、激安製作が行え、使用される製法であり、単色の特注法被の作成に向きます。

昇華転写

写真などのあるフルカラーやグラデーションで用いるプリント方法。インクジェットと違う点は一度、転写紙にプリントし生地に熱圧着をし印刷する方法です。既製品袢纏の背中などに大きくフルカラーした法被の作成の際などに使われる事が多いです。

はっぴ・はんてんの活用シーン

ハッピは現代、お祭り衣装としてはもちろん、イベントやバーゲンセールのスタッフユニフォームとして活用される機会が多くなっております。そこには日本人の感性へ働きかける、盛り上げ要素が多分に含まれており、それを纏う事で、意識的に高揚する、そんな効果があり、フルやセミに関わらず、ハンテンはオーダーされ、オリジナル作成を行われています。

お祭りでの半被&袢纏

日本のお祭りは、昔から今も変わらず、法被が定番着として活用されます。それは欠かせない衣類で、まさに半纏は伝統衣装と言えます。 はんてんは、お祭り会場にしかない独特の雰囲気や熱量を形にするアイテムであり、決して廃れる事のない味わいが、はっぴにはあります。 当社は、半被の完全フルオーダー作成から、名入れのみのセミオーダー袢纏まで、オリジナルで激安制作致します。

セールやイベントでのハッピ&袢纏

はっぴは、バーゲンセールや地域物産展、学園祭などの、イベントスタッフユニフォームや衣装として、当たり前の様に活用されます。 状況を盛り上げる効果を期待して、あるいは半纏を身につけることで、着用者の気分を高揚させ、テンションを上げる力が法被にはあります。 半被以外の衣装では、盛り上がりや豪華さ、祝いムードを演出するには、物足りませんが、袢纏なら手軽に演出可能です。

はっぴ・はんてんの活用シーン

半被は、贈り物やプレゼントとして人気です。特に海外からのお客様には、日本の伝統工芸品として、大変、価値のあるアイテムです。 また、それが懇意にしている、もしくは、親しい友人知人からの贈り物ともなれば、より高い価値を持った半纏にもなる事でしょう。 この様に思い出にもなる、オリジナルはっぴや、激安半纏を当社にて、格安価格にて、オーダー製作しませんか?

盛り上げ要素をさらに追求すると、新商品のキャンペーンスタッフの販促ユニフォームとして、学生さんから求められる、学園祭の運営用衣装や模擬店の制服として、町内会の盆踊りやお祭りの運営はっぴとしてなど、賑やかな声が盛大に飛び交う状況において、はんてんは非常に有意義に活用して頂ける、アイテムとなっております。

法被や半纏のオリジナル制作をオススメする理由

はっぴ・はんてんの魅力は、とても華やかな雰囲気であり、歴史と伝統に裏打ちされた存在感です。それは既製品として激安販売されている物でも、フルオーダー品であっても変わらない物です。その上で、なぜオリジナル作成をオススメするのか?こちらでは、その理由について触れていきます。特注製作を行う際、ご参考になれば幸いに思います。

記事選びで耐久性アップ!

長年、愛用していく事を考えれば、既製品を買うよりもオリジナルで法被制作を行うべきです。それは、耐久性を考えた袢纏生地を選べるからです。 名入れ印刷を行うセミオーダー半被や、激安価格で販売される既製品では、生地を選べず、必然的に耐久性の高い、袢纏の作成は難しくなります。 毎年参加するお祭り用に、はっぴをお求めのお客様は、長年、同じものを着用し、徐々に愛着を持てる一枚の半纏を製作したいと願います。 この時、耐久性の低い既製品では、毎年、その季節が来る度に新調しなければならない可能性もあり、だからこそ、オリジナル制作をオススメします。

雰囲気や風合いが魅力的!

フルオーダー法被とセミオーダー半纏の違いは、生地や特注サイズ、そしてデザインになります。既製品を元にしたセミと、生地選びやプリントする製法、絵柄までを一から決める事が出来るオリジナル作成では大きく違います。 この大きな違いが伝統的な雰囲気を醸し出し、独特の風合いをもたらします。もちろんセミオーダーはんてんにも風合いや雰囲気をございますが、やはり、フルオーダーはっぴが持つ雰囲気には及びません。 表現できる色彩やデザインのクオリティ、希少性なども魅力を助けるものであり、結果、オリジナル半纏や法被の雰囲気、風合いに加点を加えます。

子供はっぴについて

子供用の法被は、既製品も充実しております。その為、コストを考えた際、格安な半纏をご購入する、もしくは名入れだけを施す事も多くあります。 そんな中、オリジナル制作をオススメするには理由があります。 サイズをきちんと測ることが出来ます。既製品のはんてんは、統一サイズとなっております。窮屈に感じる事もございましたが、フルオーダーはっぴでは、サイズの調整も行えるため、窮屈感はないと言えます。

また、統一されたデザインしかなく、選ぶことが出来ない既製品とは違い、完全オリジナル製作品は、自由なデザインを表現出来るのでオススメです。