法被・半天の生地について

下記に掲載させて頂いておりますのが、オリジナルで法被や特注で半纏を製作される際の一例になります。ご指定の素材が下記以外にありましたら別途、ご用意できますのでお気軽にお電話やメールなどにてご相談下さいませ。

綿素材

天竺
綿100%の生地。生地の特長は、平織の生地になります。生地素材の中ではコストが低く、また、和の雰囲気が出せるため、法被の素材としては定番素材となっております。名称の由来は、インドから輸入してきたのにちなんで名付けられたとなっております。
シャークスキン
こちらの生地は名称の由来は、表面にややあります凸凹が鮫の皮に見立てられ名付けられました。生地の表面はやや光沢感が感じられ、コットンやウールにシルクが混紡されたものなどバリエーションは広いです。柔らかに風合いが特徴になります。
10番天竺
天竺の中でも太めの糸を使用したざっくりした織物。厚めの生地であるため、重厚感あるオリジナルはっぴの製作が可能になります。洗いざらし感がある独特の生地でソフトな手触りが魅力です。
11号帆布
平織りで織られた厚手の素材で、帆船などの帆などに使用される為に生地の特徴としては厚手で上部な布として作られたのが始まりになります。11号は、その帆布の中でも最も薄いですが法被に使われる綿素材としては厚手になります。

化学繊維素材

テトロントロマット
化学繊維系などの素材でフルカラーはんてんを製作する際などに定番の生地になります。イベントや販売促進などの展示会などでの法被などに使用される事が多いです。
スエード
高級感を持つ化学繊維の生地の代表格になります。スエードとは、しなやかな意味を持ち上質な光沢と柔らかに風合いは、半纏を作成する際にも好まれる素材になります。

お問い合わせはお気軽に MAIL:info@vegfunction.net お電話からもお見積もり出来ます⇒0120-17-5151